お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




いざ、行こう。大自然と不思議がある細長い国、チリへ。


南米チリは、太平洋とアンデス山脈に挟まれた、南北4300km、東西180kmの非常に細長い国です。そのため、北から南まで様々な自然環境や景観をご覧いただけます。
まるで月面のような荒涼とした風景が広がる「アタカマ砂漠」、チリ領パタゴニアのハイライト「パイネ国立公園」、イースター島の「モアイ」。この3ヶ所は必見中の必見。さらにプエルトトランキーロまで足を伸ばし奇跡の青の洞窟「マーブルカテドラル(カピージャ・デ・マルモル)」を訪れてみるのもおすすめです。

パイネ国立公園ページトップへ>

パイネ国立公園
Paine
National Park
エメラルドグリーンの湖と
奇峰群が美しいパイネ国立公園

美しいエメラルドグリーンの碧い氷河湖がいくつも点在するパイネ国立公園。湖の碧さと空の青色、そして純白の氷河とのコントラストがとても美しい所です。その風景の中に牙を剥いたかのような奇峰群は、強い風で山肌が剥き出しになっており、見る者を圧倒する迫力があります。


イースター島ページトップへ>

イースター島
Easter
Island
太平洋に浮かぶ小さな島、
謎多きモアイに魅せられて・・・。

南米チリから西へ3700キロ、絶海の孤島であり、かつ火山島で痩せた土地でこれといった資源もないイースター島が世界にあまねく知られるようになったのは約1000体の謎の巨石像モアイの存在です。大きいもので高さ9メートル、重さが90トンにも達し、島の内側を向いて立っている様は世界に例がないほど神秘的です。この島の始まりは4-5世紀と言われ、モアイが作られるようになったのは10世紀頃。17世紀頃小さい島で無計画環境破壊によって自然を消費尽したことによりモアイ作りも終息し、争いが絶えなくなりました。18世紀に欧州人に発見されてからはもはや先住民の時代は終わりです。台座に並べられた顔の長いモアイなど愛嬌があり神秘的ですが、背景の歴史にもその神秘が見え隠れしているようです。


マーブルカテドラルページトップへ>

マーブルカテドラル
Marble
Cathedral
マーブル模様と水面の反射が生み出す、
パタゴニアの奇跡

マーブル・カテドラルは白い大理石が長い年月をかけて侵食されてできた、奇石の集合体で、氷河の侵食でできた湖・ヘネラル・カレーラ湖の湖上にあります。石灰質の水と底が白い為、乳白色をした湖はまさにバスクリン色です。これだけの透明度は石灰質の多く含む水のため微生物があまりいないためかもしれません。約20分のクルーズで目当ての洞窟へ。ボートは奇石群に接近し、洞窟の中へ入ります。近くで見るとすべての岩が荒削りの彫刻のよう。それでいて流れるような美しいカーブを作り上げているのですから不思議です。洞窟内は神秘的な雰囲気につつまれておりまさに「礼拝堂」です。


アタカマ砂漠ページトップへ>

アタカマ砂漠
Atacama
Desert
言葉にできない美しさ・・・。
地球にいるとは思えない絶景の数々。

アタカマ砂漠はチリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠です。
チリ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンにかかる広大な砂漠で、世界で最も乾燥した砂漠として知られています。 中でもチリに多くの観光ポイントあり、標高2450mの砂漠の中心にあるチリ最古の町サンペドロアタカマや世界最高所(標高4500m)にあるタケオ間欠泉、フラミンゴ保護区に指定されており、ビクーニャや野鳥が多く生息しているミスカンティ湖やミニケス湖も見所です。さらには名前にもなっているまるで月面のような壮大なスケールの変化に富んだ風景の月の谷や世界で3番目に大きなアタカマ塩湖も必見です。


オトウェイ湾ページトップへ>

オトウェイ湾
Seno
Otway
パタゴニアのペンギンの楽園

オトウェイ湾ペンギン保護区(Proteccion de la Pinguinera Seno Otway)は, 南米パタゴニア地方で最も大きい都市プンタアレーナスから車で1時間半ほどのところにあるマゼランペンギンの営巣地です。
11月から2月の繁殖期には,約3,000羽のマゼランペンギンが集まります。
マゼランペンギンは,フンボルトペンギン属に属し,パタゴニア地方に広く繁殖しています。営巣地内のトレイルは,巣を迂回するようにつけられており,比較的間近で見ることができます。


サンチアゴページトップへ>

サンチアゴ
Santiago
アンデスの裾に広がる、大都会。

サンチアゴの中心部にある旧市街には、植民地時代からのコロニアル調の建築物が多く残っています。 また、サンチアゴから西へ120kmほど進んだところに位置する、バルパライソは、チリ最大の港町で、 2003年には、その歴史的な町並みなどが、ユネスコの世界遺産に登録されました。
斜面に沿って、多くの家々が立ち並ぶ風景は非常に美しく、お勧めです。 バルパライソのすぐ北には、チリ隋一の海岸保養地、ビーニャ・デル・マルがあり、 ここでは、長く続く美しい浜辺などをご覧いただけます。チリワインの産地としても有名で、サンチアゴから、半日や一日ツアーなどで、ビーニャ(ワイナリー)訪問が可能です。